50代 たるみ オールインワンゲル

50代のたるみを改善するオールインワンゲルはコレ!

50代になって急に「顔のたるみ」が目立ってくる・・・。残念ながらこれは普通のことで、肌のハリが低下して顔の皮膚が重力によって垂れ下がり、たるみ、ほうれい線、マリオネットライン、目の下のしわなどを作り出してしまうのです。

 

たるみにおすすめな基礎化粧品はオールインワン化粧品です。時短コスメで便利なだけでなく、手軽に毎日パーフェクトにスキンケアできるので美容効果も高くなります。

 

50代たるみ改善!オールインワンゲルランキング

顔のたるみを引き締めリフトアップ効果のあるオールインワンゲルを紹介します。

フィトリフト オールインワンジェルの特徴
肌のハリ、たるみに効果的な浸透性コラーゲン、スーパーヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、レチノイン酸トコフェリル、フィト発酵エキスを配合したオールインワンジェルです。オリジナル美容成分のフィト発酵エキスは、保湿力:ヒアルロン酸の6.14倍、弾力アップ:コラーゲンの3.13倍、ハリアップ:プラセンタの約2倍という強力なエイジングケア効果がある成分です。
価格 1,980
評価 評価5
備考 全額返金保証あり

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの特徴
95%以上が美容成分でできている年齢肌対策のためのオールインワンジェル。天然型セラミド、モイストセラミド成分、スクワラン、4種のヒアルロン酸、ホチキスポリマーα、カンゾウ根エキス、シラカンバ樹液など48種類の美容成分を贅沢配合しています。無香料、無着色で乾燥性敏感肌でも使えるお肌に優しい低刺激ゲルです。
価格 1,900
評価 評価4.5
備考

リ・ダーマラボ モイストゲルプラスの特徴
保湿を超えた自活保水力でハリ・弾力のある肌を作る自ら潤いをアップするお肌へ導くオールインワンゲルです。高級美容成分のEGFをはじめ、コエンザイムQ10、しわに効果が高いレチノールを配合し、敏感肌でも使える低刺激で高保湿を実現しています。
価格 2,286
評価 評価4
備考 初回全額返金保証あり

 

50代のたるみの原因は?

 

顔の皮膚がたるんでくる最大の原因は老化にあります。しかし、老化なら仕方がないと諦める必要はありません。しっかりケアすることでたるみを解消することも可能なんです。

 

第一に真皮で皮膚を支えている土台がコラーゲンなのですが、このコラーゲンが加齢によって減少するため、重力に負けてたるみが起こってきます。また、マッサージなど摩擦で皮膚が若い時よりも伸びていることも原因です。

 

お肌を若く保ちたいなら絶対にプロでないならマッサージがしないようにしましょう。ととえ、プロだとしてもたるみ予防のためにはマッサージは好ましくない美顔方法です。

 

また、紫外線もたるみの原因になります。紫外線のUV-Aは真皮層にあるコラーゲン、エラスチンを破壊してしまうので張りが失われてたるみ肌が加速してしまいます。美白目的でなくてもしっかり紫外線対策をすることが大切なのです。

 

たるみを改善・解消するスキンケア化粧品

 

たるみを改善していくには肌のハリをアップしてくれる成分が配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。肌のハリをアップする美容成分は、ビタミンC誘導体、レチノール、コラーゲンがあります。

 

また、乾燥肌がひどくなってしまうと小じわやくすみはもちろん、ハリやつやがなくなりお肌がしぼんでたるみを作ってしまいますから、セラミド、ヒアルロン酸などの高保湿成分も必要になってきます。

 

たるみを早く改善・解消するには美顔器もおすすめ

 

同じ濃度の美容成分が含まれている化粧品を使っても浸透力の違いでその効果は異なってきます。しっかり浸透してくれれば美肌効果が高くなりますよね。

 

美容成分をより肌に浸透させるためには美顔器を使用するという方法もあります。肌の汚れを取り去り、浸透を促進するイオン導出、イオン導入がそれにあたります。この機能はコロコロのローラー美顔器以外、超音波美顔器ではほぼありますので低価格のものでもOKです。

 

⇒ 50代のたるみ対策オールインワンゲルランキング

 

50代のたるみに効くオールインワン化粧品の口コミ

 

50代のたるみに効果が期待できる成分を配合したオールインワンゲルの口コミをまとめてみてみましょう!

 

トリニティーラインの口コミ・体験談

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルプラスの口コミ・体験談

 

 

フィトリフト オールインワンジェルの口コミ・体験談

 

 

⇒ 50代のたるみ対策オールインワンゲルランキング

 

オールインワンゲルがおすすめの理由

 

オールインワンゲルは、人気の高い化粧品で、利便性や効果から、多くの人たちが利用していますが、今後満足できる状態で利用するためにも使うことによるメリットとデメリットを把握しておきましょう。

 

メリットとデメリットの両面を詳しく知っておくことで、その時々に合った肌ケアを行うことができます。とくに、肌のトラブルが多いという人は、美肌を維持するためにもオールインワンゲルの特徴を知っておくと自分の肌に合ったものを選びやすいです。

 

一つですべてのケアを完了できる点が最大の魅力

 

50代ともなれば1日もスキンケアをお休みすると次の日にはとんでもない小じわや毛穴の開きでびっくりすることもあるほどです。しかし、お肌のお手入れは、時間がかかりますよね。

 

化粧水を使った後に美容液やクリームを使うとなると、とても面倒になってしまうでしょう。肌の健康を保つためには、長く続けていける方法でないといけません。

 

その点、オールインワンゲルは、それ一つですべての役割を果たしてくれます。化粧水や美容液、クリームからパックなど、ひとつで複数の効果があり、お手入れも簡単に行えるのです。

 

朝の忙しい時間でも、ゲルを塗り直接化粧を行うことができとても楽になります。また、仕事から帰ってきて疲れているときでも、洗顔後にオールインワンゲルだけでお手入れを済ませることができます。

 

コスパがいいので続けて利用しやすい

 

オールインワンゲルは、それだけですべてのお手入れを完了することができます。これは、化粧品代を浮かすことができる意味を持っています。化粧水から美容液、クリームなど、トータルで揃えようとすると結構な金額がかかってきます。

 

金銭的にあまり余裕がないという人は、それだけで大変になってしまうでしょう。オールインワンゲルの場合には、ゲル一つだけで足りるため、かかる金銭的な負担もありません。オールインワンゲルは、安い物だと2000円代で買えるものもあり、幅広い方が手に入れやすくなっています。

 

もっと美容成分が配合されているものを選んだ場合には、5000円〜10000円ほどかかる場合もありますが、それでも化粧水からクリームまで揃えるよりも安くすませることができます。

 

お肌に乾燥を感じてしまうこともある

 

多くのメリットが存在しているオールインワンゲルですが、ときに乾燥を感じてしまうデメリットも存在しています。オールインワンゲルの中には、乾燥を改善してくれるような美肌成分も配合されています。

 

ただ、化粧水、クリームといったように個別に使用するよりも、お肌に与えられる栄養成分が少なくなってしまう事実が存在しているのです。もともと水分や皮脂の量に問題がない方であれば満足できますが、乾燥肌の方が使用することで、お肌のつっぱりを感じやすくなります。

 

肌があまりにも乾燥してしまう時には、低分子の保湿成分を配合しているオールインワンゲルを購入してみましょう。成分を低分子化していると、お肌の奥に美肌成分が入りやすくなり、乾燥肌を改善しやすくなります。

 

オールマイティーだが特別な効果に欠ける

 

お肌を一定の状態に保ってくれるオールインワンゲルですが、その代わり特別な効果に欠けるデメリットもあります。化粧品には、それぞれに乾燥に特化したもの、美白に効果が高いもの、シワを改善してくれるもの等、特定の悩みに働きかけてくれるものも販売されています。

 

お肌の中でも、特に解消したい部分がある人にとって魅力的になるでしょう。一方、オールインワンゲルは乾燥や美白、シワ改善に効果のある成分を含んでいるものの、一つの悩みに働きかける効果は薄くなっています。

 

どちらかというと、お肌をトータルで整えたい方に向いている商品でしょう。乾燥やシミ、シワなど、どうしても解消したい問題を抱えてる人は、オールインワンゲルのほかに別のアイテムをプラスして使ってみましょう。

 

⇒ 50代のたるみ対策オールインワンゲルランキング

 

スキンケア以外でリフトアップする方法

 

最近顔が下がってきている気がするのでリフトアップをしてみようと考えつつ、どのような方法があるのかと悩んでしまうことがあるかと思います。リフトアップと一口にいっても自宅で手軽に行えるものから病院で受ける本格的な治療まで幅広く存在しています。

 

自宅で行うならエクササイズがおすすめ

 

まず自宅で顔のリフトアップを行いたいと思った時にお勧めなのが表情筋のエクササイズです。表情筋とはその名の通り顔の表情を作る筋肉であり、この筋肉が加齢などの影響で衰えてきてしまうと皮膚を支えきれなくなってしまい、顔のたるみの原因となってしまいます。そのため腕の筋肉や腹筋などと同様に表情筋を鍛えてあげることでたるみを解消し、リフトアップに繋げることができます。

 

顔のエクササイズはおでこや目元、頬、そして口から下といったようにパーツごとに分けて行うのがよいでしょう。パーツに分けて一箇所ずつしっかりとリフトアップすることで、顔全体のたるみが防げるようになります。

 

エクササイズには様々な方法がありますが、例えばおでこであれば手のひらを軽くおでこに当て、眉毛を上下するというのを10回繰り返し、更に上げた状態で10秒間キープするという方法があります。おでこに手を軽く当てることで眉毛が上がったときのシワを防ぎながら表情筋を鍛えることが可能です。

 

顔のエクササイズは表情筋を鍛える関係上変顔のようなものも少なくないため、人がいないときを見計らって行うのが安心です。

 

セルフマッサージは少し注意が必要

 

自宅で行うセルフケアとしてマッサージはどうかと思う方もいらっしゃるでしょう。マッサージは血液やリンパの流れを促して肌のターンオーバーを正常化する効果が期待できますが、たるみ防止効果はあってもリフトアップ効果は薄いという話もあります。

 

それだけでなく擦ることで肌に強い刺激を与えてしまい、シミやシワの原因となってしまうこともあるのです。マッサージをする際には肌への刺激を軽減させるためにクリームなどを使用したり、必要以上に強くこすったりしないようにしましょう。美顔ローラーなどのリフトアップアイテムも同様です。

 

病院で受けられるリフトアップ治療

 

リフトアップには自宅で行う方法以外にも、病院で手術を受ける方法もあります。病院での手術は皮膚を切るものが基本でしたが、最近では皮下組織やSMAS筋膜などより深い部分を引き上げる方法が一般化しつつあります。

 

更に切らずに糸でリフトアップをしたり、ヒアルロン酸などを注入したりレーザーを用いたリフトアップ治療も増えつつあります。しかし注入系やレーザー系は肌がきれいになったりハリが出たりといった効果は期待できますが、リフトアップをメインとしてみると少し期待が薄かったりするため、選びには注意が必要です。

 

病院でリフトアップを行う場合、治療や手術の種類は勿論、医師の腕によってもその効果は異なってくるため、事前にしっかりとリサーチをしてから挑みたいものですね。

page top